B型肝炎とは

B型肝炎というのは、アジアやアフリカで多く見られ海外で感染して国内に持ち帰ることの多い病気とされています。世界的にみると感染者は3億5千人いるとされ、日本でも130万人以上が感染しているとされています。日本では母子感染によるB型肝炎が大半ですが、海外での感染の多くは性行為による感染と言われています。B型肝炎は日本で感染者が多くいないことや流行が見られないためにあまり恐れられていませんが、感染して炎症が起きて慢性化すると肝硬変や肝がんへ進展する可能性もあるのでしっかりと予防をすることが大切です。

B型肝炎に感染してもすぐには発症しません。感染して症状が出るまで1か月から2か月くらい潜伏期間があります。潜伏期間を経て少しずつ症状が出始めます。体のだるさや食欲不振、発熱や黄疸といった症状が出ます。しかし、このような症状が出るのは感染者の3分の1ほどで、感染者の半分以上は特に症状も出ないまま自然に治癒します。そして、このような症状が出た人も症状が出てから2か月から3か月ほどで自然に治癒します。症状もB型肝炎と特定できるような症状がないために無自覚のうちに治癒している人も多くいるのです。しかし、稀に劇症化して、肝臓の細胞がほとんど死亡してしまい移植が必要なことがあります。そのためまずは自分がウイルスを持っているのかを知ることから始める必要があります。そこで、ここではB型肝炎の検査の方法と感染した際の治療の方法、感染を防ぐための方法について紹介をしていきます。