B型肝炎の検査

B型肝炎の自覚症状があったり性行為や輸血など感染した疑いがある時には検査を受けて自分が感染しているのかを確認する必要があります。病院に行けば検査と診断をしてもらうことができ、その場で適切な処置を受けることができます。病院に行く際には内科や消化器科で診療してもらい検査も受けます。日本では多くの場合には性行為による感染ですから、パートナーと一緒に検査や治療を受けることが望ましいです。

感染の疑いのある人の中には忙しくて病院に行く時間がなかったり、症状が出ていなかったり恥ずかしさなど様々な理由から受診をしにくいという人もいるものです。このような場合、検査キットを用いて自宅で検査を受けることができます。性感染症の検査キットが最近では販売されていて、郵送で検査を受けられます。自宅で検査物を採取して送ると後から検査結果を確認することができます。検査結果も匿名で確認ができるためプライバシーがしっかりと保護されています。これは郵送されてくる際にも検査キットが入っていることも書かれていませんし、自分の検査物を送る際にも記名の必要がないですし検査結果は郵送されてきた際に描かれているIDとパスワードで確認ができるので自分の名前が外に漏れることもありません。